兄と遊んだ帰り道…横断歩道歩いていた小2男児 64歳女運転の車にはねられる 頭打ちケガ

 岐阜市の市道で1日午後、横断歩道を渡っていた小学2年の男子児童が乗用車にはねられケガをしました。警察は、乗用車を運転していた64歳の女を現行犯逮捕しました。

 岐阜市西改田上の町の市道で1日午後3時ごろ、横断歩道を歩いて渡っていた小学2年の男子児童(7)が、右から走って来た乗用車にはねられました。

 男子児童は、はねられて頭を打ちましたが、ケガの程度は軽いということです。

 警察によりますと、男子児童は小学5年の兄とともに近くの小学校で遊んだ帰り道だったということです。

 警察は乗用車を運転していた本巣市の無職・矢野悟子容疑者(64)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕していて、調べに対し容疑を認めています。